潤和の里とは

|
あなたも富士山のふところで農的な生活をしてみませんか グリーンツーリズム潤和の里でヒューマンライフ

グリーンツーリズムとは

イギリスで発祥したグリーンツーリズムは、今地球上のあらゆる国で取り組んでいます。
森や湖などの美しい自然に近い農村に長期滞在して、日常のストレスを解消したり、リフレッシュすることを目的にしていますが、同時に農業・農村の活性化をめざしています。
日本では民宿や民泊がこれにあたりますが、宿泊するだけでなく、農村の文化や伝統に触れたり、自然体験や農業体験をすることを目的にしているのです。

少し不便な生活体験

土間やへっつい・いろりなどはなぜか私たちの心に郷愁を誘い、昔の生活が甦り、同時に今は亡き父・母そしておじいちゃん・おばあちゃんの顔が目に浮かんできます。
この古いリニューアルした農家で、のんびりとときを過ごしてみませんか。
ご家族で、グループで、また青少年団体の合宿にぴったりです。決して立派な施設ではありませんが、親戚の農家へ遊びに行くような気持ちで一度お越し下さい。必ず気に入るのではないでしょうか。

キャンプイン・自然

この潤和の里は、昨年の6月21日(夏至の日)に5年間続けてきた「世界平和を祈る日WPPD」のしめくくりのイベントを開催した場所です。
この「WPPD」は5年前に朝霧高原で世界の先住民の人々が集まって世界平和を祈った一大イベントです。この精神(心)をこれからも継承したいと考えています。ですから、キャンプは人間が自然の中に住まわせてもらうという神聖な儀式なのです。

自給自足を体験しよう

このまま地球上の人口が増え、地球環境が悪化すれば、将来は食糧不足になることが予想されます。これは今まで、工業製品の輸出ばかりに熱心で、農村や農家をおろそかにしてきたツケが回ってきたのですから仕方がないと言われればそれまでですが、何よりも食料の大切さを教育してこなかった結果ではないでしょうか。
この潤和の里では、農業体験をしなければ利用できないシクミになっているのです。少しでも大地や土に接していただくことが目標です。

食事はみんなで手づくり

この潤和の里では食事の提供はいたしません。親戚の家に遊びに行くように、みんなで手づくりで食事をつくることが目的なのです。
道具はすべて揃っていますので、材料を持ってきて下さい。食材、食物の持ち込みはすべて自由ですが、その責任も自分持ちです。